裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正ケーススタディ | すきっ歯

すきっ歯の症状

鏡に向い「イー」と発音してください。歯と歯の間に隙間があいていませんか?

歯と歯の間に隙間がある症状をすきっ歯といいます。前歯2本だけが開いている場合や、歯全体、あるいは奥歯が開いている場合などいろいろありますが、奥歯や歯全体に隙間がある場合を『空隙歯列(くうげきしれつ)』、前歯と前歯の間に隙間がある症状を『正中離開(せいちゅうりかい)』といいます。

すきっ歯は乳幼児などの子供に多く見られますが、永久歯が生えてくる前でしたら心配ありません。乳幼児の場合は歯に隙間があるおかげで、乳歯より大きな永久歯が生えてくるスペースを確保することができ、生えそろった後はきれいな歯並びになります。

メールで無料相談問題なのは大人のすきっ歯。歯列矯正の相談の中でも多い症状といえます。

PAGE TOP

すきっ歯が与えるダメージ

歯と歯の間に隙間があると、しゃべる時に歯の間から空気が漏れてしまいます。とくにサ行が発音しにくく不明瞭となり、ほかの人には聞き取りづらいことも。また食べ物の繊維が歯の間に詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因にもなりかねません。さらに奥歯の噛み合わせが悪くなるため、頭痛や肩こりを引き起こすことがあります。

外見上では前歯が出っ張っているため口が閉じにくく、口をあけたときに歯茎が見えてしまうこともあり、容姿にコンプレックスを持っているも多くいるようです。このように、すきっ歯は、身体上の問題だけでなく精神的にも大きなダメージを与えているといえます。

PAGE TOP

すきっ歯になる原因

すきっ歯の原因には、歯を支えている顎の大きさが影響しています。

顎の骨が正常な場合は、綺麗な状態で歯が生えてきます。ところが、顎の骨が狭いと歯の治まる場所がないため、八重歯や乱杭歯のようい不揃いな歯並びとなってしまうのです。その逆に顎の骨が広いと、歯が生えてくるスペースがあり過ぎるため、すきっ歯となってしまいます。

大きく分けると次の3つの原因が考えられます。

歯と顎のバランスが悪い

顎に対し歯の大きさが小さい、その逆に、歯に対し顎が大きいような場合、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。前歯だけが開く場合や、歯全体が開いている、あるいは奥歯と奥歯の間に隙間があるなど、開く場所は人によってさまざまです。

歯の本数が不足している

一般的に、大人の永久歯は28本(上歯14本・下歯14本)。まれに、遺伝や先天的な理由でこれよりも少ないことがあり、通常より歯の本数が足りないためにすきっ歯になってしまいます。ただし、発育などへの影響はありませんので安心してください。

顎の中に歯が埋まっている

何らかの原因により、前歯の根元付近に歯が埋まっていることがあります。そのため、前歯と前歯の間に隙間ができてしまうのです。

また、乳幼児のときに前歯の隙間の間に舌を入れ、隙間を押し広げるようにしていると、すきっ歯になることがあります。これを“舌の前突癖(ぜつのぜんとつへき)”といいます。

PAGE TOP

すきっ歯の治療

歯や顎の大きさ、隙間の度合などによっても異なりますが、上顎・下顎を含めた全体を矯正します。歯の裏側に矯正装置を取りつける『舌側矯正(ぜっそくきょうせい)』で、前歯をゆっくり移動させながら隙間をなくしていきます。

前歯だけが開いている“すきっ歯”であれば、前歯だけの部分矯正をします。また、極端に歯が小さいために隙間が出来ている場合は、オールサラミッククラウンを被せたり、ラミネートベニヤを貼り隙間を詰めます。これを補綴(ほてつ)または審美歯科治療といいます。歯の開き具合によっては、舌側矯正と補綴または審美歯科治療を併用する場合もあります。

このほか、噛み合わせが原因ですきっ歯になっている場合は、噛み合わせの矯正が必要となり、上の前歯だけでなく下の前歯の矯正や補綴または審美歯科治療を行います。

PAGE TOP

すきっ歯矯正のメリット・デメリット

舌側矯正のメリットは、何といっても矯正装置が目立たないということ。矯正装置を歯の裏側につけていますので、容姿が気になる方には最適な治療法といえます。

歯の裏側から矯正装置をとりつけ、ゆっくりと時間をかけて歯を動かしていきます。人によっては、慣れないうちは口の中の違和感や、発音がしにくい、舌が装置にあたって痛い、ということもありますが、ほとんどの人は数週間で慣れてしまいます。

矯正期間は前面矯正とほぼ同じ。きれいになった歯が後戻り(動いた歯が以前の状態に戻ること)しないよう、リテナーという保定装置をつけ、歯を定着させます。

オールセラミッククラウンやラミネートベニヤの併用では、自然な歯の色に仕上がり、見た目もきれいになります。ただし、歯の上から差し歯を被せたり、ラミネートベニヤを貼ったりするため、表面を薄く削る必要があります。

PAGE TOP

メールで無料相談